犬に『まて』を教える方法『おすわりできるのが大前提』

犬に『まて』を教える方法『おすわりできるのが大前提』




こんにちは、犬好きブロガーわん子です。

基本のしつけも終盤戦に突入しました。

いよいよ『まて』のしつけです。『まて』のしつけはちょっと難しいんですが、練習すれば大丈夫!

それにしてもこのボーダーコリー可愛い・・・。

ボーダーコリー 写真

基本のしつけ

私が思う、優先順位の高いしつけTOP4です。

  1. おいで
  2. おすわり
  3. まて
  4. ふせ

この4つがきちんとできていると犬のコントロールがしやすいです。

できないからと言って悪いわけではありません。ただできた方が圧倒的にいいというだけです。

基本のしつけができていなくても、家族と一緒に生活をするだけなら問題ないと思っています。

しかし、その場合は犬をしっかり監視しておかなければなりません。

玄関から飛び出たり、突発的に他の犬に駆けだしたり。何があるか分からないからです。

犬とよりよい生活するために、犬の安全を守るために、基本のしつけを教えておきましょう。

まての準備

準備するもの

  • 愛犬が好きなおやつ
  • 『おすわり』ができる犬
  • 落ち着いた心を持った飼い主

『おすわり』ができる犬と、落ち着いた飼い主の2つは非常に大切です。

『おすわり』ができることが前提条件です。なぜなら『まて』は『おすわり』ができてからの方がしやすいからです。

「おすわり」の記事はこちら

おやつはボールタイプがおススメです。

ボールタイプのおやつは、お散歩のときやしつけの時にもあげやすいので、とっても便利ですよ。

こちらのおやつは、わんちゃんの体にもいいラム肉でできています。

[グーテ]愛犬のおやつ(ボールジャーキー・ラム&ライス+グルコサミン配合)

しつけの前に運動

しつけは犬が落ち着いているときに行いましょう。

おやつを見て興奮するようでは、『まて』はうまくいきません。

しつけをする前には必ず、犬とお散歩や運動をしてください。その理由は「しつけの前に」に書いてあります。運動をすることで、犬のストレスが発散され落ち着いた状態になります。

しつけの前にをまだ読んでいない方はこちら

犬が落ち着く場所でする

犬 部屋 写真

犬が落ち着ける場所で行いましょう。犬が普段からよくいる部屋で、周りに人が少ない所がいいです。

『まて』がある程度できるようになるまで、飼い主さんとわんちゃんだけで練習するといいですよ。

コマンドを決める

犬に『まて』をさせる時は、指示語=コマンドを、事前に決めておきましょう

また、褒め言葉も事前に決めておきましょう。うちのコは「はいOK、いい子だね~」が褒め言葉です。

まてのしつけ方法

まて 犬 写真

  1. おすわりをさせる
  2. ゆっくり犬から離れる
  3. 少しでも犬が止まっていたら『まて』と言う
  4. 褒めたあとにおやつをあげる
  5. だんだん『まて』の時間を長くする

初めに、しっかりとおやつに興味を持たせましょう。

ベストなタイミングはごはん前です。食べ物への欲求が一番高い時だからです。

ただし、ごはんを目の前にして『まて』をさせるのは犬にとって苦痛です。おやつで『まて』ができるようになるまでは、目の前にごはんを置いての『まて』はやめましょう。

指示をするときは目を合わせることを忘れずに。

犬が少しでも止まっていたら、『まて』と言うこと。
犬に「止まるという動作=まてなんだ!」と思ってもらうことが大切です。

しつけ終了

5分ほど経ったら、しつけはいったん終わりましょう。

犬の集中力は5分です。犬は、長時間練習するよりも、1日の間に何回か練習する方が覚えられます

心構え

焦らずに、愛犬と楽しく練習しましょう。

『まて』は我慢をすることなので、最初は難しいコもいると思います。

一週間以上かかっても、心配する必要はありません。おすわりができたんですから、『まて』もできます

愛犬の気持ちになって、訓練しましょう。できる、できないよりも、犬の気持ちになってしつけることが大切です。

初まてができたら

ハッピー 写真

おめでとうございます。

『まて』ができるなんて、素晴らしい!どんどん、時間を長くして『まて』の練習をしましょう。

そして次は別の環境でやってみましょう!

他の部屋や他の家族、犬がいる場所でもできれば、合格点です。

お散歩の前と後に玄関で『まて』の練習するのをおススメします。玄関で『まて』ができるようになれば、犬が突発的に外に飛び出すことがなくなります。そして犬の安全が守られます。

さらに『まて』の指示語だけで待てるようになれば、はなまる満点、拍手喝采です。

うちの愛犬は目を合わせただけで、許可のサインが分かるので、OKをするときは目を合わせれば指示に従ってくれます。

お次は『ふせ』のしつけですよ~。ふせはおすわりの延長なので簡単です!

しつけカテゴリの最新記事